十二夜は出湯気分で極楽なのだ

大和悠河さんの 十二夜
シェイクスピアというと、ハードルが高いという気がして、スルーしとこかという気になったりするのです。
しかし、見始めてみると面白くて、気が付くと食い入るように入り込んでいました。
面白い話は支持を集め再演を重ね、スタンダードになり、時代の荒波を乗り越えて古典になる、ということなのでしょう。
話が面白いと、ジェンヌさんもイキイキと演じているように見えます。特に大空祐飛さんです。明るくて、少しおバカで悪さを試みるも失敗してしまうが、何故か憎めないキャラを、祐飛ちゃんは意外にも楽しんでおられるようでした。
大空祐飛さんばかりに目がいってしまうのは、大空祐飛さんのファンなので仕方のないことなのです。
花瀬みずかさんが演じられたヴァイオラは、タカラヅカさん的世界全開で、男装の美少女であります。どっこいしょ、てな感じで湯に浸かる如く、安心してタカラヅカさんの湧泉に沈み込んでいけるのです。
極楽極楽。

スカステが余生の友